引越し 予算 目安

引越し予算オーバー注意!

引っ越し予算目安は?

【引越し価格ガイド】で一括見積り依頼をすると、日本通運・クロネコヤマトなど大手から地域密着型の引越センターまで全国対応で200社以上の引越し業者の中からエリアや距離、荷造りなどの条件に合わせたお見積りが届きます。おおよその引越し費用・サービスを知り、じっくり比較検討することができます。 「ユーザー満足度ランキング」や見積もりされた方の「ユーザーの口コミ」などナマの引越し業者の情報・評判も豊富。 なるべく安く、サービスの良い引越し業者を見つけることができます。 住所等入力の所要時間は約 1 分 引越し先住所が完全に決まっていなくてもOK、カンタンに入力できます。

便利な追加サービスや割引キャンペーン情報も満載です。

近距離引っ越し料金が安い!あなたの引越しの料金は?

引越しの予算の目安ってどのくらい?

引っ越しをするにあたって、予算をどのくらいに立てるかってかなり気になりますよね?

 

こちらのページで大手引越し業者さんでの、引越しする人数ごとの平均相場を掲載しています。
(ネット上のサービス利用後の感想や、各社ホームページを参考にしてまとめてます)

 

一人暮らしでも、家族人数でも、大手引越し業者を使う場合の費用がすぐに分かり、予算計画の参考にできます。

 

引越し費用は移動距離や、引越しをする時期によっても大きく変わり、ひどい時には10万円や20万円くらい平気で違ったりします。

 

なので概算も含めネットの無料引越し見積もりで料金を調べておくと、あとで予算を大幅にオーバーした!!なんて状況を避けることができます。

大手引越し屋さんの引っ越し料金の平均

大手引っ越し屋さんの特徴は、荷物量や人数などに応じて細かくサービスが細分化されている点です。
料金が激安とは言えませんが、引っ越し作業員がしっかり教育されていて安心だったり、段ボールなどいろんな便利サービスもあることがメリットです。

 

引越し大手A社での見積り事例(単身・家族人数別)

  1. 単身での引越しの場合:4〜6万円
  2. 2人家族・夫婦での引越しの場合:7〜9万円
  3. 3人家族の場合:8〜10万円
  4. 4人家族の場合:10〜15万円

※段ボールや布団袋、ハンガーなど無料レンタルあり。

 

引っ越し大手B社での見積り事例(単身・家族人数別)

  • 単身での引越しの場合:約6万円
  • 荷物の多い一人の引越し:約7万円〜8万円
  • 2人家族の引越しの場合:9〜10万円
  • 3人家族の引越しの場合:約10万円
  • 4人家族の引越しの場合:約12万円

※その他女性専用引っ越しサービスや学生の引越し向けの学割パックなどあり
※引越し日程を任せれば、半額になるケースもあり

 

大手C社の単身・家族での引越し見積り事例

  • 単身引越し予算:2万〜3万円
  • 4人家族の引越し予算:5〜7万円

※段ボールやテープの無料提供あり。
※長距離の引越しや単身者向けパック、荷物を預けるサービスなど様々あります。

 

大手D社

  • 単身引越しの予算:1万円強〜3万円
  • 4人家族の引越し予算:5万円〜8万円

※スタッフお任せプランや、大きな家具だけ引越しプランあり
※引越し終了後に10分間何でもお願いできる無料サービスあり。

 

>>引越しガイドで個別事例や比較をする

引越し予算の目安を立てるには?

引越し予算は大外れしちゃう可能性があります・・・

 

引っ越しの予算を立てるときに気を付けたいのが、当初の予算に対して、実際の引っ越し費用が大幅にオーバーしてしまうリスクです。

 

引っ越し費用の相場というのは、だいたい引越しをする対象人数から荷物の量を推定して、大まかな料金を決めています

 

そのため、家族での引っ越しなど人数が増えれば増えるほど、荷物量の推定がずれる可能性が大きくなり、思ったよりも実際の費用が多くなったりします。

 

また、荷物量が増えると、利用する引越し屋さんによって料金がかなり変わってきます

 

引っ越し先が決まる前であれば、ザックリの概算で大丈夫ですが、すでに引越し先が決まっているなら、インターネット上の無料の引越し料金一括見積もりを使って、実際の距離・時期でなるべく正確に近くなるよう料金を見積もったほうが良いです。

 

 

一括見積をすることで、引っ越し料金をさらに安くできる可能性

 

引越し料金を安くするためのポイントとして複数の引っ越しサービスをまとめて比較したほうが良いです。

 

料金設定が高いところもあれば、低いところもあるので、それぞれの業者さんのサービス価格を知ることが超ポイントです。

 

 

たくさんある引越し業者のなかから、安いところを手元で自由にリストアップできます。

 

これを引越し料金を安くするには、サービス申込時に他社価格として交渉材料にできます。

 

あとは家族での引越しだからといって、大手を選んでしまうのはナンセンスです。

 

中小業者では安く引越しをしてくれるところが沢山あるので、中小の安い価格を知っておいたほうが交渉が有利です。

 

何もないまま、安くなるよう交渉は絶対に難しいので、きちんとやっておきましょう。

 

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ